井岡一翔の入れ墨【tattoo】の脇腹の画像は?漢字で何と書いてある?

スポーツ
スポンサーリンク

井岡一翔選手について書いていきます。

井岡一翔選手は、2020年の大みそかに田中恒成選手と試合をされ、井岡一翔選手が圧倒的な強さを見せつけ世界的な評価を大きく上げられましたね。

井岡一翔選手は体に刺青を入れていますが、その事についても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

井岡一翔の入れ墨【tattoo】の脇腹の画像は?漢字で何と書いてある?

井岡一翔選手の刺青について書いていきます。

井岡一翔選手は大みそかに、ご自身の刺青をむき出しにした状態で、田中恒成選手との試合を行われ、話題になりましたね。

理由は日本では刺青を表に出した状態での試合をすることを禁じられているからです。

ですので、井岡一翔選手の刺青をむき出しにした状態で試合をされたことについて、多くの著名人の方がコメントをされていましたし、ボクシング関係者の中でも様々な意見がありましたね。

海外では、タトゥーについて、ファッションの一部のように考えられていますが、日本ではやはり未だにタトゥーに関してネガティブな考えが根強く残っていますね。

タトゥーをしている人は温泉に入れなかったり、就職活動でもかなり不利になったりと、タトゥーをすることによって様々なハンデを背負う事がありますね。

井岡一翔選手のタトゥーの画像はこちらです↓

井岡一翔選手のタトゥーの面積は結構広いですね。

日本ボクシングのルールとして、タトゥーをむき出しにした状態での試合が禁じられている以上、この状態で試合をされたことは問題になって仕方がないですね。

井岡一翔選手は脇腹に漢字三文字が書かれていますが、「磨永翔」と刻まれています。

「まなと」と読むのですが、こちらは、井岡一翔選手の息子さんの名前です。

井岡一翔選手が父親として、息子の為にもボクシングを頑張るという決意の表れなのでしょうね。

お子さんが出来るとやはり親御さんは仕事をより一層頑張れるようになりますし、井岡一翔選手も息子さんが出来てボクシングに対する情熱もかなり増したでしょうね。

井岡一翔選手はご自身のインスタグラムで息子さんの写真を公表されています。

磨永翔くんの画像はこちらです↓

凄く可愛らしいですね。

何となく井岡一翔選手に似ている感じもします。

井岡一翔選手はご自身の息子さんについて、

「息子が見せてくれる色んな表情に、 癒される。」

とインスタグラムでコメントをされています。

やはり井岡一翔選手にとって磨永翔君の存在は大きな力になっているのでしょうね。

子供が出来てから仕事の出来が大きく上がる方もいますし、井岡一翔選手もお子さんが出来てより一層ボクシングに対する情熱が増して強くなっているかもしれませんね。

スポンサーリンク

井岡一翔選手の現在の強さについて

井岡一翔選手は、田中恒成選手との試合に完勝をされ、世界的な評価を大きく上げられましたね。

パウンドフォーパウンドという階級関係なく、世界最強のボクサーを決めるランキングでは10位にランクインされました。

日本人がパウンドフォーパウンドの10傑に入ることはなかなかない事ですので、井岡一翔選手は間違いなく日本だけではなく世界から高く評価をされているボクサーです。

ちなみに日本人で最強のボクサーと言われているのは井上尚弥選手ですね。

井上尚弥選手はパウンドフォーパウンドで二位にランクインされており、日本史上最強のボクサーと言われていますね。

怪物と呼ばれていますし、軽量級で井上尚弥選手の相手になるようなボクサーはいないのではないかともいわれています。

井上尚弥選手はドネア選手など常に世界的に名高い実力者と試合をされてきていますし、その上強さを見せつけ無敗ですので、世界的に高く評価をされるのは当然かもしれませんね。

井上尚弥選手はおそらく無敗のままキャリアを終える可能性が高いのではないかと個人的には思っています。

一部で井岡一翔選手と井上尚弥選手が試合をする可能性もあるのではないかと言われています。

井岡一翔選手が現在スーパーフライ級で井上尚弥選手が現在バンタム級ですね。

後に井岡一翔選手がバンタム級に階級を上げる可能性があると言われています。

井岡一翔選手がバンタム級に行かれると、当然井上尚弥選手のベルトに挑戦をすることも考えられますし、多くのボクシングファンの方々が期待をされますね。

個人手的にも、井岡一翔選手と井上尚弥選手の試合は見ていたいですが、今試合をすればやはり井上尚弥選手が完勝をするのではないかと思います。

井上尚弥選手の強さはやはり怪物級ですし、さすがの井岡一翔選手でも井上尚弥選手に勝つのは難しいと思います。

二人の試合が実現する可能性は低いと思いますが、実現すれば間違いなく日本史上最高の日本人ボクサー同士の試合になるのではないかと思います。

井岡一翔選手も現在世界的な評価がかなり上がっているので、井上尚弥選手も心のどこかで井岡一翔選手を意識されているかもしれませんね。

ちなみに井上尚弥選手も井岡一翔選手のタトゥーについてコメントをされていますが、

「タトゥー 刺青が『良い悪い』ではなくJBC(日本ボクシングコミッション)のルールに従って試合をするのが今の日本で試合をする上での決まり事。このルールがある以上守らなければね。タトゥー 刺青を入れて試合がしたいのならルール改正に声をあげていくべき。まずはそこから」

とコメントをされました。

個人的にも井上尚弥選手の考えに賛同しています。

やはりルールは守らないといけないものですし、タトゥーをして日本でボクシングをしたいならルール改正にまず声を上げないといけないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

井岡一翔選手のタトゥー問題について日本のボクシング界が今後どのような対応をされていくのか注目ですね。

井岡一翔選手は田中恒成選手との試合に完勝をされ、世界トップレベルの実力を誇っていることを証明されましたし、今後も世界的に名高い強豪選手との試合を実現させてほしいですね。

ボクシングは、年間数試合しか出来ないようなスポーツですし、一試合一試合を大切にご自身の納得のいくマッチメークをしてほしいですね。

井岡一翔選手には今後も注目をしていきたいと思います。
おすすめ記事はこちら↓
田中将大【マー君】が楽天復帰する可能性は?巨人も争奪戦に参加?

コメント

タイトルとURLをコピーしました