明石家さんまの若い頃について!ブレイクのきっかけや歴代彼女についても

芸能
スポンサーリンク

明石家さんまさんについて書いていきます。

明石家さんまさんは現在見ない日が無いと言っても過言ではないほど多くの番組で活躍をされており、芸能界no.1の芸人さんと呼び声高い方ですね。

底知れぬ明るさから、共演者も視聴者もみな自然と元気を貰っていると思いますし、悪いイメージが無く、老若男女問わず高い人気を集めていますね。

常にフル回転で人を笑わそうとし続ける姿は芸人と鏡と言うべき方かもしれません。

現在は大ベテラン芸人として大活躍をされていますが、明石家さんまさんの若い頃についても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

明石家さんまの若い頃について!

明石家さんまさんの本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)さんといい、奈良県奈良市出身の方です。

お兄さんと二人兄弟だったようで、明石家さんまさんが3歳の小さい時にお母さんが病気でお亡くなりになられたようです。

三歳であれば物心がついていない時かもしれませんし、明石家さんまさんはご自身の産みのお母さんの記憶は特に無いかもしれませんね。

その後小学校の高学年になった時にお父さんが別の女性と再婚をされたようです。

新しいお母さんの元には男の子の連れ子がいたようで、小学生だったさんまさんは、新しい兄弟が出来たと大喜びだったようです。

ただ、新しいお母さんはさんまさんに対して心のどこかで遠慮をする気持ちがあったようで、さんまさんに対して少し距離を取っていたりもしていたようです。

さんまさんは新しいお母さんと心の距離を埋めようと面白い事をしようと考えていたりしたようですが、あるひ新しいお母さんがお酒に酔った勢いで

「うちの子はこの子(連れ子)だけや。」

と言っていたのを耳にしたようです。

明石家さんまさんからすればかなりショックな発言でしょうね。

この事が原因で明石家さんまさんはお酒が嫌いになったようです。

明石家さんまさんはそれでも新しいお母さんを笑わせようと必死に頑張ったようで、その経験から人を笑わせる仕事である芸能界で活躍をすることを志すようになったようです。

明石家さんまさんは高校を卒業されてから笑福亭松之さんの元で弟子入り修行を開始されました。

始めは「笑福亭さんま」という名前でご活動をされていたようです。

 

「さんま」という名前はさんまさんのご実家が水産加工業をされていたためそのような芸名になったようです。

明石家さんまさんは初め落語家としてご活動をされていたようで、舞台で高い才能を発揮されていたようです。

明石家さんまさんは当時プライベートでは人見知りをされていたようですが、舞台になると別人のように高いしゃべりの才能を発揮されていたため、明石家さんまさんのマネージャーは落語家としてよりも司会者としての方が高い才能があると感じたようで、松之助さんに落語を辞めさせて漫談師や司会者として育てたいとお願いされたようです。

その結果明石家さんまさんは司会が出来るお笑い芸人として高い才能を開花され、お茶の間の存在になっていきました。

マネージャーさんの先見の明が無ければ今の明石家さんまさんはいないかもしれませんね。

スポンサーリンク

明石家さんまのブレイクのきっかけについて

次に明石家さんまさんのブレイクのきっかけについて取り上げていきたいと思います。

明石家さんまさんの人気を一気にぶち上げたと言われているのが「俺たちひょうきん族」「笑っていいとも」です。

「俺たちひょうきん族」では大スターだったビードたけしさんと共演をされていた事もあり、かなり大きな注目を集めていたようです。

明石家さんまさんのしゃべるの才能はかなり高いので、ビートたけしさんとのやり取りもかなり好評だったようです。

「笑っていいとも」でも司会者のタモリさんとのやり取りがかなり好評だったようで、その事でも明石家さんまさんの評価はどんどん上がっていったようです。

やはり芸能界で大きな人気を集めるには、大御所の方々と絡んで良い評価を得る事が一番の道なのかもしれませんね。

ただ、大御所の方と肩を並べて面白いトークをするのは当然簡単な事ではないですし、明石家さんまさんのずば抜けて高いトーク力があったからこそ成し遂げられたことだと思います。

また、明石家さんまさんはプライベートで横山やすしさんにも気に入られていたようです。

明石家さんまさんはとにかく明るく楽しい雰囲気があるので、先輩芸人からしても一緒にいて凄く楽しいのでしょうね。

良く飲みに誘われていたようですし、横山やすしさんは明石家さんまさんが若い時から抜きんでた才能に注目をされていたのでしょうね。

横山やすしさんは結構後輩に怒る性格をされていたようですが、明石家さんまさんに対して起こった事は一度もないようです。

横山やすしさんにとって明石家さんまさんは特別な存在だったのでしょうね。

明石家さんまの若い頃のネタについて

次に明石家さんまさんの若い頃のネタについて書いていきます。

明石家さんまさんは若い頃はモノマネなどもされて大きな人気を集めました。

明石家さんまさんがされていたのは巨人や阪神でご活躍をされていた小林繁投手のモノマネなどです。

その画像はこちら↓

小林繁投手は巨人のエースとして大活躍をされていた時に江川卓投手とのトレードで阪神に移籍する事になlった複雑な事情がある投手ですね。

江川卓投手とトレードで阪神に移ったのは暗いニュースとも言えるかもしれませんが、明石家さんまさんがネタにするとどんな暗くて複雑な事情があるニュースでも明るく面白くなりそうですね。

その後明石家さんまさんは「Mr.アンダースロー」という曲までリリースをされ、「大阪ガス」のCMにも起用されるまでになりました。

 

スポンサーリンク

明石家さんまの歴代彼女について

次に明石家さんまさんが今まで交際をされていたと噂されている女性について書いていきます。

明石家さんまさんが今まで交際をされていたと噂された事があるのは以下の方々です。(元嫁の大竹しのぶさん
さん除く)

石原真理子さん

五月みどりさん

優希まことさん

田中優衣さん

加藤綾子さん

などがいらっしゃいます。

上記の方々との交際はあくまで噂が生じただけですので、事実かは分かりませんが、明石家さんまさんは凄く人として魅力的な方ですから、上記のような魅力的な方々と交際をされていても何も不思議ではありませんね。

スポンサーリンク

明石家さんまの同期芸人について

次に長年活躍をされている同期芸人について書いていきます。

明石家さんまさんと同期の芸人さんは以下のような方々がいらっしゃいます。

島田紳助さん

関根勤さん

オール巨人さん

宮川花子さん

桂三枝さん

などがいらっしゃいます。

そうそうたる方々ですね。

プロ野球の世界である年に実力の高い選手が固まったりすることがありますが、芸能界もそうなのかもしれませんね。

特に以前芸能界を引退された島田紳助さんは若い時から親友として芸能界で苦楽を共にされてきたような方のようです。

島田紳助さんはご自身の親友について質問をされた時に明石家さんまさんの名前を挙げていらっしゃいましたし、島田紳助さんにとっても明石家さんまさんはやはり特別な存在のようです。

スポンサーリンク

まとめ

明石家さんまさんは人を笑顔にすることに関して凄く高い才能を持たれた方であるのは間違いないですし、今後もテレビでご活躍を続けてほしいですね。

明石家さんまさんは凄く元気で病気知らずの方のようなイメージもありますが、どうしても年齢を重ねるとともに病気にはかかりやすくなってきますし、今後も体調だけには気を付けて頑張ってほしいですね。

明石家さんまさんから元気を貰っている方は多いと思いますし、今後もテレビの前の視聴者の方々を元気にするような働きぶりに期待をしたいですね。
おすすめ記事はこちら↓
上田晋也の妻【嫁】の画像や名前は?出会いや馴れ初めや息子と娘についても
有田哲平の子供の画像や性別は?名前についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました