久保優太は情報商材を売っていた?内容や評判について

ビジネス
スポンサーリンク

現在久保優太さんとシバターさんの試合のやらせ疑惑が大きな問題になっていますね。

久保優太さんとシバターさんは戦前の予想を大きく覆してシバターさんが第一ラウンドで飛びつき腕十字を決めて一本勝ちを収められましたね。

シバターさんの格闘家としての実力が高く評価されたのですが、その後やらせ疑惑が浮上に大きな問題になっていますね。

久保優太さんに対しては、試合を実現したいがためにシバターさんの提案を受けたという事で批判と同情の声の二つが上がっていますね。

そんな久保優太さんですが、以前情報商材を売っていたことでも話題になっています。

久保優太さん売られていた情報商材について取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

久保優太は情報商材を売っていた?内容や価格について

久保優太さんは以前投資に関する情報商材を販売されていました。

そのタイトルは『Kubo7(久保優太オリジナルロジック)』というものです。

久保優太さんはK-1の世界で高い成績をのこされていただけではなく、ビジネスや投資にもチャレンジをされていたようですね。

情報商材については賛否両論ありますが、一般的にはあまり良くないイメージをもたれいている方が多いですね。

個人的には情報商材の中身が本物でセールスレターに書かれている内容と乖離が無ければ特に問題は無いと思いますが、現実問題として中身が薄いものが高額で売られている事が多いようですね。

久保優太さんの販売された「Kubo7(久保優太オリジナルロジック)」は私は買った事が無いので、内容が良い物か悪いものかは分かりませんが、内容が薄いものをその自覚があって高額で販売されたいたのであれば良くない事だと思います。

評判について少し調べてみたのですが、あまり良くない評判がありました。

ですので、購入された方や投資に詳しい方からすろと、満足出来る内容ではなかったのかもしれません。

高額な情報商材をプロダクトローンチで販売する手法は、短期間で大きな収益を上げる事が出来るので希望をされる方が多いようですが、その反面内容が薄いものが高額で販売されている問題があるので、もっと規制を厳しくしてい必要があるかもしれませんね。

仕事はお客さんに貢献するためにあると思いますし、お金は人から感謝されながら貰うべきだと思うので、高額で何かをうるのであればその分相当高いクオリティーが求められますね。

スポンサーリンク

まとめ

シバターさんはご自身のYouTube動画で今回の騒動を経て格闘家を引退される事を表明されましたが、久保優太さんは今後どうなるのか注目ですね。

YouTube動画で久保優太さんにインタビューをされた青汁王子こと三崎優太さんは久保優太さんの活動を応援されていく事を表明されていますし、久保優太さんの事を凄く良い方とコメントをされていますね。

久保優太さんは凄く人柄がよい方だったがためにシバターさんからの提案の断り切れずに飲んでしまった面があると思います。

久保優太さんご自身は「RIZINの神聖なリングを汚してしまった」とコメントされており、事の重大さを認識されているので、反省の気持ちはかなり持たれていると思います。

久保優太さんは個人的にも好きな格闘家の一人でしたので、今回のような事件でイメージを落としたり試合がしにくくなったりするのは残念ですし、勿体ないように感じます。
おすすめ記事はこちら↓
クレベルコイケが強い理由はなぜ?朝倉未来と再戦の可能性についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました