佐々木憂流迦の戦績や経歴や強さは?クレベルコイケ戦の勝敗の予想も

スポーツ
スポンサーリンク

佐々木憂流迦選手とクレベルコイケ選手の総合格闘技の試合が実現する事になり注目を集めていますね。

クレベルコイケ選手は日本人キラーとも言われ、朝倉未来選手など数々の強い日本人選手を倒してきたような選手ですので、次の対戦相手が誰になるのか多くの方が注目をされていました。

その中で佐々木憂流迦選手と試合をする事が決まり、佐々木憂流迦選手には大きな注目が集まっています。

佐々木憂流迦選手の戦績や強さなどについて注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

佐々木憂流迦の戦績や経歴や強さは?

佐々木憂流迦選手の戦績などについて取り上げていきます。

佐々木憂流迦選手は2010年にCAGE FORCE(ケージ・フォース)という日本の総合格闘技の団体からデビューをされました。

佐々木憂流迦選手はご自身のデビュー戦で1ラウンド30秒、得意技のチョークスリーパーで一本勝ちを収められました。

かなり派手なデビュー戦だったようです。

その後2013年には初のタイトルマッチに挑戦し徹肌ィ郎(てつ はだいろう)選手に判定勝ちを収め、修斗環太平洋フェザー級王者のタイトルを獲得されました。

その翌年の2014年には他団体であるZST(ゼスト)という格闘技団体のチャンピオン相手にもスリーパーホールドで1本勝ちをされました。

また2014年の2月には難敵の石原夜叉防選手と対戦をされスリーパーホールドで勝利をされました。

石原夜叉防選手は国内では敵なしで無双状態だったようで、石原夜叉防選手に勝利をされた事は佐々木憂流迦選手の評価を大きく上げる事になったようです。

また、佐々木憂流迦選手は当時修斗のチャンピオンであった堀口恭司選手やパンクラスのチャンピオンの石渡伸太郎選手との試合を希望されていたようですが、なかなか交渉が上手くいかず試合の実現には至らなかったようです。

実現していればかなり注目を集める良い試合になっていたことは間違いないと思います。

格闘技はお金を払ってくださるファンの方々が居てこそ成り立つものですので、ファンの方々が期待をするような面白いマッチメークが出来るようななってほしいですね。

佐々木憂流迦選手の国内の戦績は17勝1敗2分で負けたのは2011年に行われた修斗でガイ・デルモ選手のみのようです。

戦績だけ見ても佐々木憂流迦選手が凄く強い選手なのはよくわかると思います。

弱い相手を選ぶようなスタンスではなく、強い相手を選ぶようなスタンスで上記のような良い戦績を残しているので、多くの格闘技の関係者から高い評価を得ているのだと思います。

現代はチャンピオンベルトを巻いたり良い戦績を残すだけでは評価されず強い選手と積極的に戦って勝利して初めて評価されるような時代ですので、強い相手を闘っていくようなスタンスは必須だと思います。

国内で高い成績を残し評価を上げた佐々木憂流迦選手は2014年8月から世界最高峰の格闘技団体UFCと契約し、世界の舞台に挑戦をされる事になります。

佐々木憂流迦選手のUFCでの初戦については多くの方が注目をされましたが、2014年8月に初戦をされ、見事1ラウンド、スリーパーホールドで1本勝ちをされました。

この試合はパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞されたようで、凄く話題性の高かったようです。

パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトというのは、毎大会ごとに最も優れたパフォーマンスをした選手2名に贈られる一律5万ドル(550万円相当)貰える賞です。

佐々木憂流迦選手の実力にはUFCの関係者の方も一目置いていたのだと思います。

その次の試合では、レアンドロイッサ選手と試合をされました。

結果は残念ながら佐々木憂流迦選手がMMAキャリア初の一本負けをされました。

この試合で12戦続いた無敗記録も途切れてしまったようです。

次の試合はタイラー・ラピール選手と試合をされました。

こちらも結果は残念ながら佐々木憂流迦選手がKO負けをされていましたした。

やはりUFCのレベルは日本の格闘技のレベルよりも遥かに高いのだと思います。

佐々木憂流迦選手はこのままでは通用しないと感じたようで、バンタム級からフライ級に下げ再起を図られます。

フライ級に転級をされてからは3勝3敗とまずまずの成績を残されました。

しかし、その後、UFCのフライ級の完全廃止することになり、UFCとの契約を満了されました。

その後も日本の格闘技を盛り上げたいという気持ちがあったようで、2018年にはライジンに電撃参戦をされました。

ライジンの舞台は現在スター選手がたくさんいるのでかなり盛り上がっていますね。

佐々木憂流迦選手のライジンの初戦はマネル・ケイプ選手と試合をされました。

マネル・ケイプ選手はライジンではおなじみの有名な選手ですね。

結構接戦になるのではないかと予想する方が多かったようですが、佐々木憂流迦選手が今までの経験や強さを見せつけ終始佐々木憂流迦選手のペースで試合が進み、フルマークの判定で勝利を収められました。

マネル・ケイプ選手相手に圧倒的な勝利を収められたのは佐々木憂流迦選手の評価を再び上げる事になりました。

佐々木憂流迦選手は試合後にマネル・ケイプ選手の事を

「意外といいやつ」「1年後また強くなっている」

と格闘家としての高い才能を認めていたようです。

マネル・ケイプ選手も佐々木憂流迦選手の事を

とても頭のいい選手だった。俺のミスを見逃さずに試合を運ばれてしまった。

とコメントをされていました。

マネル・ケイプ選手からしても佐々木憂流迦選手の実力は予想をしていたよりも遥かに高かったようです。

その次は現在人気ファイターの一人である朝倉海選手との試合をする予定だったのですが、佐々木憂流迦選手の体調不良により中止になってしまいました。

佐々木憂流迦選手の体調不良の詳細についてですが、佐々木憂流迦選手は内臓疾患という内臓の病気だったようです。

練習中に急に眼や肌が黄色くなり倒れてしまったようで、そのまま入院をされることになったようです。

佐々木憂流迦選手も祖父も内蔵の疾患で他界をされているようで、遺伝的に内蔵系の疾患に対しては気を付けた方が良い体質かもしれません。

体質は遺伝的要素がかなり大きいので、自分の家族が患った病気についてjは人一倍注意をした方が良いと思います。

スポンサーリンク

佐々木憂流迦とクレベルコイケとの試合の勝敗の予想について

佐々木憂流迦選手とクレベルコイケ選手との試合の勝敗の予想についても注目が集まっています。

どちらも凄く強い選手であることは間違いないですが、クレベルコイケ選手有利の声が多いようです。

クレベルコイケ選手の持ち味と言えば何といっても柔術の上手さだと思います。

朝倉未来選手のクレベルコイケ選手に三角締めを決められてしまいましたし、警戒されているなか一本を決める技術はさすがだと思います。

朝倉未来選手はクレベルコイケ選手の強さについてトップどころが競り合っている中で一人レベルが違うとコメントをされていましたし、打撃も超一流で穴が無い選手に感じているようです。

朝倉未来選手は実際に対戦をされて身をもってクレベルコイケ選手の強さを体感されたと思いますし、その辺の強い選手とはレベルが違う選手なのは間違いないと思います。

ただ佐々木憂流迦選手の実績も実力もある選手であることは間違いないので、クレベルコイケ選手相手のどのような戦略で闘うのかがポイントになると思います。

クレベルコイケ選手は出来るだけ寝技に持ち込みたいと思っていると思いますが、佐々木憂流迦選手からするとなるべく寝技に持ち込まず打撃中心の方が勝機はあると思います。

スポンサーリンク

まとめ

格闘技の試合は強い選手同士が戦ってこそ盛り上がると思いますし、人気の選手には強い選手と積極的に戦っていくようなスタンスを崩さないようにしてほしいですね。

個人的にも強い選手にどんどん挑んでいくような選手の方が好感が持てますし、応援したくなりますね。

自分のタイトルを守るために弱い相手を選ぶような選手は今の時代評価されないと思うので、今後もファンの方々が望むようなカードが実現する事を期待したいと思います。
おすすめ記事はこちら↓
シバターと朝倉未来の絶縁について!仲直りの可能性や現在の関係性も
久保優太は情報商材を売っていた?内容や評判について

コメント

タイトルとURLをコピーしました