鈴木健吾【富士通】日本新について!ニューイヤー駅伝の結果についても

スポーツ
スポンサーリンク

鈴木健吾選手について書いていきます。

鈴木健吾選手は、日本新記録を出されて大きな話題になっていますね。

鈴木健吾選手の日本新記録やニューイヤー駅伝についても注目が集まっているので取りあげていきたいと思います。

スポンサーリンク

鈴木健吾【富士通】日本新について!

鈴木健吾選手の日本新について書いていきます。

鈴木健吾選手の日本新についてですが、鈴木健吾選手は2時間4分56秒の素晴らしいタイムで第76回びわ湖毎日マラソンを優勝されました。

従来の日本記録は2020年の東京マラソンで大迫傑選手が出された2時間5分29秒ですので、日本選手の2時間4分台は初めての事です。

鈴木健吾選手は素晴らしい快挙を達成されましたね。

鈴木健吾選手は素晴らしい快挙を達成されましたが、今回の日本新記録で一億円の報酬は無いようです。

以前のマラソンで日本新記録が出た時は一億円の報酬がありましたが、今回は無いので、その事について鈴木健吾選手は少しかわいそうですね。

マラソンで日本新記録を出すなんてすごい快挙ですし、凄い難しい事ですので、一億円くらいのお金をあげるのは良い事だと思いますが、今回は出ないようですね。

陸上選手はなかなか高い収入を得ることが出来ないような分野のスポーツですので、日本新記録が出た時くらいは一億円程度の収入を出すのはあるべきだと思いますが、今回は無いようですね。

鈴木健吾選手からしても一億円の報酬が無いのは凄く残念でしょうね。

陸上選手は凄く高い成績を残したとしても高い年収を得ることは出来ないので、鈴木健吾選手も一億円の報酬が貰えなかったのは残念でしょうね。

スポンサーリンク

鈴木健吾のニューイヤー駅伝の結果について

次に鈴木健吾選手のニューイヤー駅伝の結果について書いていきます。

鈴木健吾選手は2021ニューイヤー駅伝で第六区を走られました。

第六区を走られて12.1kmでタイムは35:33だったようです。

区間賞も獲得をされ、快走を見せられました。

スポンサーリンク

まとめ

鈴木健吾選手は、今後もどんどんタイムを伸ばす可能性のある選手だと思いますし、今後どこまでタイムを伸ばされるのか注目をしていきたいと思います。

鈴木健吾選手が出された今回の記録はかなり大きな快挙だと思いますし、他のマラソンランナーで今回の鈴木健吾選手が出された記録を抜く選手はなかなか出てこないでしょうね。

鈴木健吾選手はすぐにご自身が出された日本記録を抜く可能性もありますし、2時間3分台にも標準を合わせて頑張って欲しいですね。
おすすめ記事はこちら↓
川内優輝の記録は?年収についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました