年賀状の意味や由来について!年賀状は手書きにすべき?

季節
スポンサーリンク

年賀状の意味や由来について書いていきます。

お正月に送る手紙と言えば年賀状ですね。

昔は多くの人が年賀状を送っていましたが、最近は時代の変化などもあり、ラインなどで済ませる方も多くなっています。

今後髪の年賀状を送るという文化がどんどん減っていっていずれは無くなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

年賀状の意味や由来など

年賀状の意味や由来などについて書いていきます。

年賀状の意味ですが、「年始の挨拶まわり」という意味があります。

日頃挨拶が出来ていないような方々に対しても年始に年賀状を送ることによって新年のあいさつが出来ると言われています。

時間的にも距離的にも全ての家に挨拶をして回ることは不可能ですので、その代わりに年賀状によって挨拶をするようになったようです。

年賀状であれば、相手の住所を知ってさえいれば多くの方に贈ることが出来ますし、物理的に自分が挨拶したい方全員に挨拶をすることが出来ますね。

また、年賀状には、家族の写真を載せている方もたくさんいますし、家族の現在の状況や子供が出来たならその事を年賀状によって報告をする方もたくさんいますね。

現在はラインやメールなどで軽く済ませる方も多いと思いますが、年賀状はやはり貰うと凄く嬉しいものですので、自分が心の底から大切だと思う方に対しては紙の年賀状を送るべきかもしれませんね。

この記事を書いている私はごく親しい一部の友人のみ現在も紙の年賀状を送ったりしています。

やはり紙の年賀状は心がこもっている感じがしますし、送ってくれる方に対しては凄く有難い気持ちになります。

ですので、現在でも特別親しい方に対しては年賀状は送るべきではないかと個人的には思っています。

次に年賀状の由来についてですが、年賀状は平安時代から始まったと言われています。

平安時代の貴族である藤原明衡がまとめた手紙の文例集の中に年始の挨拶の文例があり、これが現在残っている年賀状で最も古いものです。

この頃からお世話になった方や親族に新年の挨拶をして回る「年始回り」という習慣が広まったようです。

もの年始回りが年賀状になっていったようです。

スポンサーリンク

年賀状は手書きにすべき?

年賀状で、印刷を業者に頼んで手書きメッセージを書かない方もいます。

現在は機械化も進んで自分で心を込めて相手のために何かをするという事があまりなくなって来ているので、一年に一回の年賀状くらいは心を込めて手書きで書くのも良いかもしれませんね。

送ってもらう方も手書きの方が相手が自分の事を想ってくれている感じがすると思いますし、手書きの年賀状の方が嬉しいと感じる方も多いと思います。

私も年賀状を贈る時は、必ず手書きのメッセージを書くようにしていますし、せっかく年賀状が来ても手書きのメッセージが何もないと何となく寂しい感じがします。

ですので、紙の年賀状には手書きのメッセージは必須だと個人的には思っています。

スポンサーリンク

まとめ

紙の年賀状は近年廃れてきていますが、個人的には今後も続いてほしいなと思います。

私は今後も親しい方には紙の年賀状を送り続けたいなと思いますし、紙の年賀状を手間暇かけて書いて送ってくださった方に対してはどこか嬉しい気持ちになります。

デジタル化が進んでいる現代だからこそあえてアナログに拘って色々としてみるのも良いかもしれませんね。

心を込めて感謝の気持ちを込めて挨拶をするとやはりされた方は気持ちが良いものですし、やらないよりかはやはりやる方が良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました