お正月になぜお餅を食べるのか?お餅の意味や由来についても

季節
スポンサーリンク

お正月に食べるものと言えばおせち料理もそうですが、お餅も代表的ですね。

 

年始にはお雑煮を食べてパワーを付けたいと思う方も多いと思います。

お正月になぜお持ちを食べるようになったのか、その由来や意味などについて注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

お正月になぜお餅を食べるのか?

 

お正月にお餅を食べるというのは、何百年も前から日本にあった習慣のようで、なぜお正月にお餅を食べるようになったのか、その記録は特に無いようです。

ですので、的確な理由は特に分かりませんが、一説はあるようです。

その説によると、大昔の日本人は、正月には神様がやってくると信じていたようですが、大晦日(おおみそか)の日には、あしたやってくる神様のために、おもちや野菜、魚、鳥などをそなえることをしたようです。

その備えたものを元旦の一月一日に食べたというのがお雑煮の始まりのようです。

神様に対して備えたものを食べるというのは、神様と同じものを食べ、神様のお力を分けていただき、神様と共に一年間新しく過ごすという意味があるようです。

しかし、神様の備えものの中になぜお餅が含まれているのか特にはわかっていません。

昔は現代のように食べ物が豊富ではなかったため、お米から作られるお餅は日本人にとって重要なエネルギー源となる食材だったのかもしれません。

スポンサーリンク

お餅がもつ意味について

次にお餅が持つ意味について書いていきます。

お餅は長く延びて切れないことから長寿の食べ物とも言われていました。

ですので、お餅には健康的に長く生きるという意味があるようです。

また、凄く腹持ちが良い食べ物としても有名ですので、昔の人が仕事をこなしていく上で手軽にエネルギーチャージが出来る食材として認知されていたのかもしれません。

スポンサーリンク

餅つきの由来について

次に餅つきについて書いていきます。

餅つきは、もち米を実際について、お餅にしていく行為ですね。

日本では昔からお祝いのときに餅を食べてきたという風習があります。

お米は昔から日本人の精神性を高める重要な食材と言われていましたが、そのお米をついて固めた

お餅はやはり日本人にとって重要な食材だったのだと思います。

また、鏡餅を神様にお供えをして感謝をしながら頂くことで、新しい命や力を授かるとも考えられていたようです。

スポンサーリンク

お正月はぜんざいかお雑煮か?

お餅を使った汁物として、ぜんざいとお雑煮がありますね。

お正月にぜんざいを食べるのかお雑煮を食べるのかはご家庭によって違うようです。

好きな方を食べればよいと思いますが、個人的にはお雑煮の方が好きです。

甘いのが好きな方はぜんざいの方が良いと思いますが、この記事をかいている私は甘いのが苦手ですので、お雑煮を食べるようにしています。

小さいお子さんは甘いものが好きな方も多いと思いますし、小さいお子さんがいる家庭ではぜんざいの方がメジャーかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

お正月にお餅を食べる人は多いと思いますが、お餅はご高齢の方などはのどに詰まらせやすい食べ物でもあるので、食べる時には注意が必要ですね。

お雑煮やおぜんざいを作る時は、のどにつまらないように小さく切って食べやすくするなどの工夫が必要ですね。

毎年お餅をのどに詰まらせてしまうような方は一定数いるので、お餅は凄くおいしい食べ物である反面注意が必要な食べ物ですね。

お正月にお餅はかかせない食べ物ですので、今後も注意しながら感謝して美味しく食べていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました