玉井陸斗選手は体がでかい?身長は?母親やコーチについても

スポーツ
スポンサーリンク

玉井陸斗選手について書いていきます。

玉井陸斗選手は、14歳ながら高飛び込みで東京オリンピックの代表の切符を確実にされて話題になっていますね。

14歳で、オリンピックの切符を手にすることは凄い快挙だと思いますし、今後目が離せないアスリートの一人ですね。

玉井陸斗選手の体格についてや母親について注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

玉井陸斗選手は体がでかい?身長は?

玉井陸斗選手の体格について取り上げていきます。

玉井陸斗選手の身長は155cmで体重は50kgです。

ですので、アスリートとしては決して大柄ではないですね。

飛び込みの選手は体操選手のように自分の体を上手くコントロールする必要があるので、体が大きすぎないほうがコントロールしやすくて良い結果が出やすいのかもしれませんね。

玉井陸斗選手はまだ14歳で成長期の真っただ中ですので、今後身長が結構伸びていく可能性もありますね。

スポンサーリンク

玉井陸斗の母親について

次に玉井陸斗選手の母親について書いていきます。

14歳でオリンピックの切符を手にした玉井陸斗選手の母親についてですが、水泳や飛び込みの経験があるのかどうかについて注目が集まっているので調べてみたのですが、特に有力な情報はありませんでした。

しかしながら、14歳でオリンピックの切符を手にするようなお子さんを育てられたのですから何かしらの水泳に関する経験はあると考えるのが当然かもしれませんね。

玉井陸斗選手がスイミングのスクールに通われたのは3歳の時です。

三歳というかなり幼い時期にスイミングスクールに通わせるのは親御さんがかなり熱心に水泳の指導をさせたがっていたと考えることも出来ますし、玉井陸斗選手を一流のスイマーに育てたかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

玉井陸斗のコーチについて

次に玉井陸斗選手のコーチについて書いていきます。

玉井陸斗選手のコーチは飛び込み日本代表のコーチであり玉井陸斗選手が所属をされているJSS宝塚に所属をされている馬淵崇英コーチです。

馬淵崇英コーチは日本の飛び込み界のレジェンドである寺内健選手も育てあげた名コーチです。

馬淵崇英コーチは玉井陸斗選手が小学五年生の時に自らのクラスに勧誘をされました。

そして実際に玉井陸斗選手の指導をするようになってから、玉井陸斗選手の才能の高さに驚かれたようです。

とにかく指導をしたことの呑み込みが早かったようで、言ったことをすぐに出来るような選手だったようです。

そして、成長曲線がかなり急激に伸びていったようですので、馬淵崇英コーチからしてもどこまで伸びるのか凄く楽しみな選手だったようです。

未だに14歳ですので、今後どこまで伸びていくのか楽しみな選手ですね。

スポンサーリンク

まとめ

玉井陸斗選手はどこまで伸びていくのか分からないようなポテンシャルの高い選手ですし、今後もケガだけには気を付けて頑張って欲しいですね。

14歳にして、東京オリンピックの代表権を確実にされたのは驚異的な事ですし、今後どこまで伸びていくのか分からないような選手ですね。

今後の伸びしろが計り知れないような選手ですし、今後のご活躍にも注目をして何か目新しい情報があれば取り上げていきたいと思います。

今後日本を代表するようなアスリートになっていくことは間違いないと思いますし、今後どこまで実力を伸ばしていくのか目が離せない選手ですね。

どんなに凄い選手もケガをしてしまっては元も子もないので、ケガだけには気を付けて今後も練習を頑張って欲しいですね。

玉井陸斗選手のご活躍には今後も注目をしていきたいと思います。
おすすめ記事はこちら↓
浜崎あゆみが第二子出産!父親は誰?旦那や歴代彼氏についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました