バレンタインの由来や起源とは?チョコレートを渡すのは日本だけ?

季節
スポンサーリンク

この記事ではバレンタインについて書いていきます。

バレンタインデーとは2月14日のイベントで、女性が好きな男性に対してチョコレートをプレゼントする日ですね。

学生さんは、自分が好きな女子からチョコレートを貰うことが出来るかどうかドキドキしている方も多いかもしれません。

自分が好きな女子が自分にチョコレートをくれずに、他の男性にチョコレートを渡すと、男性はかなりショックを受けるでっしょうね。

バレンタインデーと言えばよい思い出が多い方も苦い思い出が多い方もいると思いますが、バレンタインの由来や起源などはご存じでしょうか?

バレンタインデーの由来や起源などについてこの記事では取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

バレンタインの由来や起源とは?

バレンタインデーの由来について書いていきます。

バレンタインの歴史や起源は、歴史はローマ帝国の時代まで遡ります。

当時のローマは、2月14日はすべての神々の女王ユーノーの祝日でした。

そして2月15日には、ルペカリアの祭りが行われていました。

このお祭りでは、男性が桶の中から女性の名前が書かれている紙を引き、相手の女性と祭りの間パートナーとして一緒に過ごすという決まりになっていたようです。

そしてこの時パートナーになった男女は多くの方々が恋に落ち、ご結婚をされたようです。

西暦3世紀頃のローマ帝国皇帝であるクラウディウス2世は、若者が戦争へ争いに行きたがらない理由は、愛する家族や恋人を故郷に残すことを躊躇する気持ちにあると確信され、結婚を禁止されたりもしていました。

しかし、キリスト教司祭のウァレンティヌスは結婚を禁止された兵士達をかわいそうに思い、内緒で結婚式をさせたりしていました。

そしてその事が皇帝の耳にも入り、皇帝は法を無視したウァレンティヌスに注意し、二度とそのようなことをしないように指導をされたのですが、ウァレンティヌスはその事に対して従わず、処刑をされてしまいました。

そして、ウァレンティヌスの処刑日は2月14日が選ばれました。

その後、毎年2月14日はウァレンティヌスが処刑された日として国民でお祈りをするようになったようです。

バレンタインデー」の「バレンタイン」とは「ウァレンティヌス」の事のようです。

スポンサーリンク

海外のバレンタインについて

日本のバレンタインと言えば女性が男性に対してチョコレートを贈ることが一般的だと思いますが、バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈るのは、 日本独自の事のようです。

海外では、カードや花束、お菓子を送るのが一般的のようです。

スポンサーリンク

バレンタインチョコは手作りか購入か?

バレンタインデーに女性が男性にプレゼントするチョコレートは手作りか売っているものかどちらかという議論もあります。

男性からすると、好きな女性には手作りのチョコレートをプレゼントしてもらった方がうれしいかもしれませんね。

やはり手作りの方が心がこもっている感じもしますし、男性からしても手作りの方が女性が自分の事を想ってくれている感じがするかもしれませんね。

ただ女性からすれば手作りのチョコレートを作るのはやはり面倒くさいと感じるかもしれませんね。

手づくりのチョコレートを作ると、やはり時間も労力もかかりますし、失敗をすることもあるので、女性からすりと手作りのものではなく販売してあるもので済ませたいと考える方も多いと思います。

ただ、バレンタインデーは、女性からすると、好きな男性にアプローチをする良い機会だと思うので、手作りの心のこもったチョコレートをプレゼントして勝負をかけても良いかもしれませんね。

男性側からすればそちらの方が心が揺れ動くかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

バレンタインデーは凄くドキドキされる方も多いと思いますし、モテる男性からすれば凄く楽しみな日ですね。

男性であればバレンタインデーに女性から貰うチョコレートの多さを競ったりした方も多いと思います。

バレンタインデーも何となく過ごすよりも意味や起源を知った状態で迎えたほうがバレンタインデーが有意義な日になるかもしれません。

女性からすればバレンタインデーは好きな男性にアプローチをする良い機会かもしれませんし、女性は積極的に男性にチョコレートを渡しても良いかもしれませんね。

女性は男性にチョコレートを渡すことは勇気のいる事かもしれませんが、男性は女性からチョコレートを貰うことは凄く嬉しい事ですし、女性はバレンタインデーくらいは勇気を出してみても良いかもしれませんね。

男性も多くの女性からチョコレートを貰えるように日々頑張らないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました