柏木由紀が発症した脊髄空洞症とはどんな病気?症状や治療法について

芸能
スポンサーリンク

AKB48の柏木由紀さんが「脊髄空洞症」を発症され芸能界を一時活動休止されたことで話題になっていますね。

柏木由紀さんのファンの方々は「脊髄空洞症」を発症された柏木由紀さんの体調を心配されている方がすごく多いと思います。

柏木由紀さんが発症された「脊髄空洞症」とはどのような病気なのか気になっている方が多いので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

柏木由紀が発症した脊髄空洞症とはどんな病気?

柏木由紀さんが発症された脊髄空洞症についてですが、10万人に1人の難病の難病と言われています。

脳や脊髄は液体の中に浮かんで、外部からの衝撃から守られているのですが、この液体を脳脊髄液といいます。

脊髄空洞症を発症すると、脊髄の中にこの脳脊髄液がたまった大きな空洞ができて脊髄を圧迫するため、いろいろな神経症状や全身症状を引き起こすようになります。

この病気は20代~30代など比較的若い男女の方に見られる病気のようです。

この病気の原因についても注目が集まっているので調べてみたのですが、生まれつき小脳の一部が脊柱管に落ち込んでいるキアリ奇形が代表的なもののようです。

しかし、原因が特定できないようなものもたくさんあるようです。

この病気が遺伝するのかどうかについても注目が集まっているので調べてみたのですが、この病気は特に遺伝するようなものではないようです。

スポンサーリンク

柏木由紀が発症した脊髄空洞症の症状や治療法について

次に柏木由紀さんが発症された脊髄空洞症の症状や治療法について書いていきます。

脊髄空洞症の症状についてですが、腕の感覚障害などが起こるようです。

また脱力感や重苦しい、痛み、不快なしびれ感を感じることもよくあるようです。

それに加えて感覚障害として温痛覚障害を引き起こすこともあるようです。

温痛障害とは、熱さや痛みを感じなかったりする症状です。

本人としてはかなり気持ち悪い症状でしょうね。

症状が進行してくると、筋肉の痩せのような症状も出てくるようで、立ち眩みなども起こり日常生活に大きな支障をきたすようになるようです。

次に脊髄空洞症の治療法について書いていきます。

脊髄空洞症の治療法について注目が集まっているので調べてみたのですが、脊髄空洞症の治療法は薬剤による治療法と手術による治療法があるようです。

また、筋力低下や筋萎縮に対して適度な運動療法を考慮する必要も出てきます。

発症すると、定期的に医療機関に受診をしないといけなくなるので、発症するとかなりやっかいな病気とも言えるでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

どんな仕事をするにしても健康的な体が資本ですし、健康的な体調を維持することも仕事の一つと考えるべきでしょうね。

柏木由紀さんもまずはしっかりと病気を治すことを考えてほしいですね。

社会人になって病気になったり体調を崩したりすると自分だけの問題ではなく、一緒に仕事をする方々にも迷惑をかけてしまうことになるので、自分だけの問題ではないという高い自覚を持つ必要がありますね。

病気はいつどこでだれがなるかわからないようなものですし、常に病気にならないような工夫は最大限しないといけないでしょうね。

健康体であるうちは健康であることのありがたみがあまりわかりませんが、病気になると凄くつらく病気になって初めて健康でいることのありがたみが分かったりするものなので、健康でいる時から健康でいることの大切さを体感して病気にならないような工夫をしていないといけないのでしょうね。
おすすめ記事はこちら↓
松村北斗の大学はどこ?ぼっちで留年した?彼女や結婚についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました