武井壮がフェンシング協会の新会長に就任した理由はなぜ?経歴は?経験者?

スポーツ
スポンサーリンク

タレントの武井壮さんについて書いていきます。

武井壮さんは、最近フェンシング協会の新会長に就任されて話題になっていますね。

武井壮さんと言えば芸能界屈指の高い身体能力を持ったタレントさんという事で有名ですが、武井壮さんのイメージと言えばなんといっても陸上競技だと思います。

武井壮さんがフェンシング協会の新会長に就任をされた理由や経験などについて注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

武井壮がフェンシング協会の新会長に就任した理由はなぜ?経歴は?経験者?

武井壮さんがフェンシング協会の新会長に就任をされた理由について調べてみました。

フェンシング協会の前会長と言えば太田雄貴さんですが、太田雄貴さんは以下のようなコメントを残されています。

「武井さんにはなかなか首を縦に振っていただけず、最後は半ば折れるような形だったんですが、今後の協会には『太田だからできた』といったような、属人的な運営体制からの脱却を図り、新たな組織体制を構築する必要があります。

武井さんは陸上の選手(十種競技の元日本王者)でフェンシング経験はないけれど、会長に必要な能力はビジョンを掲げられること、大きな発信力があること。

この半年、1年と後任を探しているうちにようやく『この人だ』という人を見つけることができた」

フェンシング経験の無い方がフェンシングの会長になるのはなんとなく違和感を感じる方も多いと思いますが、武井壮さんは、陸上の元10種競技の日本チャンピオンで凄く高い身体能力を持っている上に知名度も高く発信力も凄く高いのが今回フェンシング協会の新会長に選ばれた理由のようです。

武井壮さんであればフェンシング協会の新会長も難なくこなしてしまうかもしれませんね。

武井壮さんがフェンシング協会の新会長就任のオファーに対してなかなか首を縦に振らなかったのは、フェンシング経験の無い自分がフェンシング協会の新会長になっても良いのかという後ろめたさがあったのかもしれませんね。

武井壮さんは、元陸上の10種日本チャンピオンですが、陸上以外でも様々なスポーツで凄く高い才能を見せています。

武井壮さんは、陸上の日本チャンオピオンになる前に徹底的に練習をされたのは、自分の体を思い通りに動かす練習のようです。

自分の体を思い通りに操れるようになれば陸上の10種競技も全てにおいて高いパフォーマンスが出来ると考えたようです。

その結果、武井壮さんは1年ほどで日本チャンピオンになってしまうのですからすごいですね。

武井壮さんの運動神経やスポーツに関する知識は日本トップクラスのものであることは間違いないと思うので、今後も日本のスポーツ界に貢献するような働きぶりを見せてほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

武井壮さんは、フェンシング協会の新会長に就任されて、今後日本のフェンシング協会がどのように変化していくのか注目ですね。

武井壮さんは、現在芸能界の仕事もスポーツ関係の仕事も凄く多忙だと思うので、今後も体調だけには気を付けて頑張ってほしいですね。

武井壮さんが芸能界で活躍をされるようになってから今までの運動神経自慢の芸能人たちの影が隠れてしまったような気もしますね。

武井壮さんのスポーツに関するスター性はやはりかなり抜きんでたものがある気がしますし、今後も芸能界におけるアスリートタレントとしての地位は今後も確固たるものであり続けるでしょうね。

個人的にも武井壮さんは凄く好きなタレントさんの一人ですし、今後もご活躍をされるのを期待していきたいと思います。

武井壮さんのご活躍には今後も注目をして何か目新し情報があれば取り上げていきたいと思います。
おすすめ記事はこちら↓
桃田賢斗と福島由紀の関係は?彼女?事故についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました