ゴールデンウィークの由来は?いつから始まった?

季節
スポンサーリンク

この記事ではゴールデンウィークについて書いていきます。

一年ではいくつかまとまった休みがありますが、その中の一つがゴールデンウィークですね。

ゴールデンウィークは名前も凄く華やかですし、まとまった休みがあるので好きな方も多いと思います。

個人的にも子供の時に凄く好きな期間の一つでした。

ゴールデンウィークの由来やいつから始まったかなどについても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークの由来は?いつから始まった?

ゴールデンウィークは、毎年4月末から5月初めにかけての休日が多い期間のことですね。

祝日が重なり、数日間のまとまった休みが毎年出来ていますね。

ゴールデンウィークの発祥についても調べてみたのですが、1948年の国民の祝日に関する法律施行によって、4月29日から5月5日までの期間に休日・祝日が集中するようになりました。

そして、直前や直後に土曜日・日曜日・振替休日が重ねるケースも多く、それらを含めてゴールデンウィークと呼ばれるようになりました。

現在はゴールデンウィークの休みがまとまった形になっていますが、以前は休日が飛び飛びになるなることも多く、「飛石連休」という言い方もされていたようです。

ゴールデンウィークという名称で呼ばれるようになったのは、第二次世界大戦後のテレビ普及前の日本映画の黄金期です。

その時は、映画館も多数存在しており、映画鑑賞、近場の百貨店での買い物、近郊の遊園地への行楽、周辺の行楽地へのハイキングといった日帰り旅行などが多く行われていたようです。

その後に、振替休日制度の導入や土曜休みの普及に伴って、この時期に旅行に行ったり地元に帰省をされたりする方も増えたようです。

1990年代以降は、海外旅行に行く方も凄く増えたようです。

ゴールデンウィークは仕事も長期的に休みになる方が多いので、海外旅行にも行ける数少ない機会ですね。

ゴールデンウィークという名前の由来についても注目が集まっていますが、大型連休の期間が最もラジオの聴取率が高かったので、『黄金週間』と呼ばれていたようです。

休みの日にゆっくりとラジオを楽しみたいと考えた方も多かったようです。

そしてこの『黄金週間』をインパクトが出るように、『ゴールデンウィーク』とカタカナに変えたようです。

これがゴールデンウィークという名前の由来だと言われています。

シルバーウィークについて

次にシルバーウィークについて書いていきます。

シルバーウィークは、9月の敬老の日や秋分の日によって作られる連休の事ですね。

シルバーウィークという言葉も、1950年代に映画業界が作った言葉のようです。

シルバーウィークはゴールデンウィークほど大型の連休にはなりませんし、年によっては連休にならない事もありますので、ゴールデンウィークほど名前が浸透していませんね。

しかし、シルバーウィークも一年間で数少ない連休の一つですし、シルバーウィークを楽しみにしている方も多いと思います。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークの過ごし方について

ゴールデンウィークの過ごし方は人それぞれだと思いますが、中でも多いのは、家でゴロゴロするというものです。

個人的にも家でゴロゴロする時間がかなり長いです(笑)

仕事は凄く疲れる事ですので、ゴールデンウィークのような長期休暇は家でしっかりと休んでリフレッシュしたいと考える方も多いようです。

ゴールデンウィークのような休みだからこそ海外旅行などに行ってはしゃぎたいという方もいれば家でゴロゴロして休みたいという方もいるので、自分に合った過ごし方をすべきでしょうね。

結婚をしている方はパートナーの希望も聞かないといけないので、お互いに意見を尊重しながら良い過ごし方をしないといけませんね。

スポンサーリンク

まとめ

一年間でゴールデンウィークのような大型連休はやはり数少ないですし、せっかくの大型連休は大切に楽しみたいものですね。

社会人になるとやはり空いている時間が結構無くなってくるので、ゴールデンウィークのような大型連休はかなり貴重な時間ですね。

個人的にもゴールデンウィークは年末年始と同じように凄く楽しみにしている期間ですので、ゴールデンウィーク前になると凄くウキウキした気持ちになります。

ゴールデンウィークは年によって連休の長さが違うので、連休が長い年はかなりラッキーな気持ちになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました